埼玉石心会病院の医学生の声ページです

埼玉石心会病院見学感想を聞いてみました医学生の声

インタビュー

N大学 男性救急科

研修医の先生に丸一日付いて、救急科での研修を見学させて頂きました。実際の診察の様子や上級医から指導を受ける場面を見ることができました。研修医の先生方が患者さんを診察している姿を見て「この病院で研修をすれば、これだけの実力がつくんだ」ということが分かりました。また、上級医の先生からフィードバックをしっかり得られるということも分かりました。他科の先生方との距離が近く、アットホームな雰囲気も感じることができてとても良かったです。

F大学 男性救急科/総合内科

初期研修では、まず自分で患者さんを診察して診断と治療方針を立てるための基礎をしっかり学べる環境を望んでいます。そのため救急医療や総合診療に力を入れている病院を探していました。他の病院で研修病院の希望を話したところ、埼玉石心会病院の研修が良かったという話を聞き見学を希望しました。救急外来では研修医の先生が実際に指導されている場面を見学し、現場で必要な知識を指導を通して振り返りながら学んでいました。症例1つ1つからしっかり学び、質の高い研修をしていると感じました。

A大学 女性救急科/消化器内科

私は将来の志望科がまだ決まっていないため、初期研修では基礎的な臨床能力を幅広く身に着けたいと考えています。埼玉石心会病院は救急車の受け入れ台数が7,000台以上と多いため、症例を多く学ぶことができると考えて見学を希望しました。1年次と2年次に救急ローテーションを行う以外に、他科ローテーション中も毎週半日の救急研修が確保されている点はとても魅力的で初期救急対応の力が身につくと思いました。初期研修医の先生方に話を直接うかがう時間があったため、ホームページからは知ることのできない情報も教えてもらいました。研修医に対するサポート体制が充実していると感じました。

T大学 男性救急科/総合内科

大学の先輩に勧められて見学を希望しました。実際の見学を通して、病院の雰囲気がとても良いと感じました。Common diseaseの知識やベッドサイド手技についても十分に学べる研修プログラムだと実感しました。また研修プログラム責任者の先生に初期研修病院の選び方・病院見学のポイント・初期研修の目標についても詳しく教えて頂き、大変勉強になりました。

N大学 女性救急科/循環器内科

私はこれまで大学病院と200床未満の規模の病院しか見学したことがなかったため、中規模病院の見学を希望しました。見学実習中に問診や診察などを実際に指導して頂き、初期研修のイメージをつかむことができました。初期研修医への指導がかなりしっかりしている印象を受けました。中でも救急研修が2年間を通じて毎週あることはとても魅力的に感じました。熱意のある指導医の先生が多く、病院の雰囲気を知ることができました。
埼玉石心会病院で研修を行えば、自分自身の努力次第でしっかり成長できると感じました。

A大学 男性腎臓内科/循環器内科

ホームページを見て、研修医の指導体制が整っていること、経験できる症例数が多いことに魅力を感じて見学を希望しました。見学を通じて、経験できる症例・手技が多いだけではなく、指導医の先生方からフィードバックがしっかりあるため2年間で成長できる環境が整っていると感じました。指導医や初期研修医の先生方から様々な話をうかがうことができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ページトップ