1日のスケジュール

8:30

カンファレンスへ参加

毎朝、医局に各科の医師が集合して夜間当直帯で入院となった患者さんの担当を決めるミーティングがあります。

カンファレンスへ参加
9:00

午前診療の開始

研修医各自がローテートしている診療科のスケジュールにしたがって診療を開始します。

チーム回診とプレゼンテーション

指導医と一緒に病棟を回診します。症例プレゼンテーションによってチームで情報を共有します。病歴聴取や身体診察による情報収集と臨床推論、症例プレゼンテーションの研鑽を重視しています。研修医はチーム医療の一員として、入院初療から退院まで一貫して担当医としての自覚と責任をもって患者さんの診療に関わります。プレゼンによって情報を共有した後、検査や治療の方針について指導医とディスカッションします。指導医からたくさんのフィードバックをもらいながら、研修医は「主治医としてのマネジメント能力」の土台となる基本的臨床能力を身につけていきます。

チーム回診とプレゼンテーション チーム回診とプレゼンテーション
ベッドサイド手技

中心静脈カテーテル挿入、胸腔穿刺・胸腔ドレーン挿入、腹腔穿刺、腰椎穿刺、気管挿管、腹部エコー・心エコーなど、ベッドサイド手技を行うチャンスはたくさんあります。確実かつ安全な手技が身につくように、指導医によるチェックとフィードバックが毎回行われます。

ベッドサイド手技 ベッドサイド手技
外科研修

病棟回診後に手術に入ります。積極的に手術に参加して外科の基本的手技・知識を身につけます。術前から退院まで、患者中心の安全で安心なチーム医療を実践することを目標にしています。

外科研修 外科研修
12:00

昼 食

昼食は職員食堂にて指導医や研修医仲間と一緒に食べます。昼食後は研修医室で休憩します。
毎週、研修医のためのランチョンセミナーがあり、研修医がプレゼンターとなって自ら学んだことを仲間と共有します。

昼 食 昼 食
13:00

救急研修

各科をローテートしながら、2年間を通じて週に半日の救急研修日が確保されています。
救急研修では、救急搬送患者とWalk-in患者の初期診療を研修医が行います。

初期診療

救急車で運ばれてきた患者さんのバイタルサインと第一印象を確認し、緊急度と重症度を判断します。
病歴聴取と身体診察を終えたら指導医にプレゼンし、ディスカッションを通して検査・治療方針を立てます。

初期診療 初期診療
救急処置

必要な救急処置を指導医と一緒に行います。

救急処置 救急処置
振り返り

毎回の救急研修ごとに簡単な振り返りレポートを記載して指導医のチェックを受けます。
1年目研修医は指導医や先輩研修医からフィードバックをもらいながらスキルアップしていきます。 2年目研修医は後輩研修医を教えながら一緒に勉強しています。診療を振り返ることによって、自らの反省点と課題を見つけて次の実践に活かしています!

振り返り 処 置
17:00

業務終了、お疲れ様でした!

1日の業務が終了!今日1日の診療を振り返って自分の課題を見つけ、明日に備えます。
臨床現場で患者さんから学ぶことが一番大切ですが、座学も休養も大切です!

業務終了 業務終了