埼玉石心会病院 病院見学
学び教えあう文化を体験してみよう

埼玉石心会病院は研修医教育に力を入れています。
「幅広い初期救急対応能力の習得」と「頻繁に遭遇する Common disease に対する診療能力を身に着ける」この二つの目標を最重視しており、将来どんな専門分野に進んだとしても必要となる基本的臨床能力の指導をしていきます。

PROGRAM

1

バランスのとれた研修内容

救急車の受け入れ台数は年間7,000台。救急患者や重症患者が多いため、気管挿管、胸腔ドレナージ、中心静脈路確保などベッドサイド手技の件数が圧倒的に多いです。
しかしそれだけではなく、Attitude(患者との接し方、問題解決能力)・Skill(手技)・Knowledge(知識)をバランスよく指導していきます。

  • バランスのとれた研修内容
  • バランスのとれた研修内容
  • バランスのとれた研修内容

2

救急研修の工夫

1年次と2年次の2回に分けて救急ローテションを行い、安全性ときめ細かいフィードバックがもらえる屋根瓦式診療体制を整えています。また救急ローテーションとは別に、毎週半日の救急研修を2年間継続して行います。診療の振り返りを行いながら課題を見つけ、ステップアップ式に初期救急対応能力を身に着けることができます。

  • 救急研修の工夫
  • 救急研修の工夫
  • 救急研修の工夫

3

丁寧な研修医教育

経験した症例や手技について指導医とのディスカッションを重ねて丁寧なフィードバックをもらうことができます。埼玉石心会病院では診療を振り返り、自らの気づきや課題を見つけて学びを促していく「Reflective Learning」の教育手法を大切にしています。

  • 丁寧な研修医教育
  • 丁寧な研修医教育
  • 丁寧な研修医教育

4

豊富な教育行事と学び教え合う文化

研修医向け勉強会が豊富にあり、学んだことを常に仲間と共有(シェア)していく文化が根付いています。診療科の垣根がなく、指導医や先輩研修医と気軽に語り合える和気藹々とした雰囲気があり、指導医と研修医がお互いに教え合い学び合う文化を大切にしています。

  • 豊富な教育行事と学び教え合う文化
  • 豊富な教育行事と学び教え合う文化
  • 豊富な教育行事と学び教え合う文化

研修医プログラム詳細はこちら

指導医・女性医師インタビューページはこちら

病院見学申込フォーム

下記のフォームに必要事項を記載し、下の「入力内容確認」ボタンをクリックしてください。
申し込み確認後、追って当院よりご連絡いたします。

  • ご氏名(全角)
  • ふりがな(全角)
    • 電話番号
    • 返信用メールアドレスは必須です。
    • 学校名
    • 学年
    • 見学したい診療科
    • 見学希望日(第3希望まで)
    • 当院を何でお知りになりましたか
      (1つだけお選びください。)





    • その他聞きたいこと

個人情報保護方針に基づき、入力していただいた個人情報はお問い合わせへの対応、資料送付、その他正当な目的にのみ利用いたします。

個人情報保護方針へ